スポンサーリンク

腰痛の治療方法としての柔道整復士、接骨院、骨接ぎ、骨つぎについてです。英語ではjudo therapistと呼ばれます。接骨院、骨接ぎ、骨つぎを行っているのは柔道整復士という国家資格者です。腰痛の治療についてはどうでしょうか?

柔道整復師とは?

捻挫、打撲、骨折、脱臼など運動器官に障害をもった方に対して、運動器官を回復させるため、整復、固定、物理療法、手技療法、運動療法を行います。柔道整復術は日本に古くから伝わる伝統医療です。柔道整復は柔道整復師のほか整形外科医などの医師ならば業務として行うことが出来ます。

大学入学資格をもっていて、文部科学大臣の指定した学校、または厚生労働大臣の指定した養成施設で3年以上、柔道整復師となるために必要な知識、および技能を修得できたものが国家試験の受験資格を得ることができます。

国家試験の試験内容は、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学、公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論、関係法規です。

柔道整復師と接骨院

柔道整復師が開業する場所については施術所と呼ばれます。医業は医師が行います。鍼灸師や、あんま マッサージ 指圧師は医業に分類されます。柔道整復は医業ではなく柔道整復業です。そのため柔道整復を行う場所は施術所と言います。開業には施術所の所在地の保健所へ届け出の必要があります。施術所の構造基準などが定められており、満たせていない場合は開業が出来ません。開業する、接骨院などで働くほかにも、整形外科など、病院に勤務されている例もあります。各種健康保険が適応されます。

スポンサーリンク

理学療法士は業務の開始時に医師の指示が必要です。処方箋が必要です。医師の指示がないと理学療法を行うことが出来ません。しかし、柔道整復師は自分の判断で施術を行うことが出来ます。業務の範囲内であれば行えます。業務の範囲外になるのは外科手術、レントゲン、投薬などです。外科手術、レントゲン、投薬を自らの判断で行うことは禁止されており、法律的に行うことはできません。脱臼、骨折に対しては施術できるのですが、そのためには医師の同意が必要となります。これら以外の柔道整復業に関しては負傷の範囲を把握し、施術できる疾病や負傷なのか、施術できない疾病や負傷なのかを判断して施術を行うことが出来ます。

柔道整復師の扱える疾患

柔道整復師が施術を行える疾患急性、亜急性の捻挫、打撲、骨折、脱臼などです。腰痛はどうでしょうか?急性、亜急性の捻挫、打撲、骨折、脱臼などによって運動器官に障害をもった方に当てはまれば、腰部という運動器官を回復させるため、整復、固定、物理療法、手技療法、運動療法を行います。慢性の疾患については施術することは出来ないことになっています。

★★★腰痛の治療方法で、私のおすすめ出来るもの

スポンサーリンク