スポンサーリンク

腰痛といってもその原因は様々です。女性は男性以上に腰痛となる原因は多いです。特に腰痛と子宮内膜症は関係が深いです。また、時には腰痛の裏側に隠れている病気を見逃すと大変なことになってしまうこともあります。症状として表にでているのは腰痛であっても、実は腰痛の原因が内臓などの異常ということもありえます。今回は女性に関係の深い子宮内膜症にしぼってみていきましょう。

腰痛の原因による治療と予防

腰痛の原因 女性の子宮内膜症の危険

腰痛の原因として女性特有のものがいくつかあります。そのうちのひとつが子宮内膜症による腰痛です。子宮内膜症によって妊娠できないということもありますので、妊娠を考えている人は特に気をつける必要がある疾患です。腰痛やからだの痛みなども引き起こされます。

腰痛の原因 女性の子宮内膜症とは

子宮内膜症は女性の1割弱が発症するとさhttp://youtuuchiryou.net/wordpress/wp-admin/post-new.phpれています。なかでも妊娠未経験の30代くらいの女性の発症が多いです。昔に比べるとかなり増加傾向にあります。

子宮内膜という子宮の内側の膜がなぜか、子宮の外の他の組織の場所に発生してしまうものです。そして徐々に増殖してしまいます。卵巣で出来た場合にはチョコレート嚢胞と呼ばれています。

子宮の内側にできるものが、子宮ではない部位に本来の組織とは別のものができてしまうのです。例えば卵巣や腸などに子宮内膜が存在してしまいます。しかし画像で子宮内膜症をみつけるのはとても難しいことです。

スポンサーリンク

子宮内膜というものは受精せず妊娠しなかったばあいには生理によりはがれます。子宮内膜症により、ほかの臓器に出来た子宮内膜はどうなるのかというと、子宮の中の内膜と同じように生理とともにはがれます。

当然のことなのですが、普通に子宮の中にできた内膜は膣の内面を落ちて体外へ排出されます。

しかし、子宮の外にできた内膜についてもはがれてしまいます。はがれ落ちても、膣の内側を通ることごできません。そのため、はがれた内膜が体外へ排出されず、体内に残って癒着してしまいます。

子宮内膜症による癒着が原因で腰痛などの様々な痛みや、人体に対する悪影響が引き起こされてしまうのです。

腰痛の原因 女性の子宮内膜症の痛み

子宮内膜症の症状としては痛みが主なものとなります。子宮内膜症の重症度やできた部位や大きさなどによって痛みの程度も様々です。腰痛の強さも様々です。

痛む場所も様々で、下腹部痛、腰痛、骨盤内の痛みなどで、生理痛や排便痛、性交痛なども症状としてはあります。

なかには日常生活に支障をきたすような、うずくまってしまい動くのがつらいという女性もいらっしゃいます。

子宮内膜症では月経のない時でも痛かったり、月経のたびにどんどん痛くなってきたり、痛み止めを服用しても効果がなかったりといったことがあります。

不妊の原因となってしまうこともあり、なかなか妊娠しないと思われるような方も少し気にしてみてもいいかもしれません。また、妊娠したいかたは、特に子宮内膜症の症状がなくても産婦人科などて診察を受けてみるのもよいでしょう。

腰痛の原因 女性の子宮内膜症まとめ

子宮内膜症は命にかかわるような重篤な病ではありませんが、それでも人によってはとても大変な病気です。閉経後まではいろいろと悩まされることがあります。たんなる生理痛、腰痛が原因だと思わずに注意していただければと思います。

スポンサーリンク