スポンサーリンク

腰痛で困っているというだけでは腰痛の原因が何かを調べるのは難しいです。腰痛で困っているのが女性で不正出血をともなっていると、腰痛の原因をいくつかに絞ることができます。女性の不正出血ではやはり女性特有の臓器について疾患がないか注意が必要です。

腰痛の原因による治療と予防

腰痛の原因と女性の不正出血

不正出血というのは女性の生理以外の時期に出血がみられることです。不正出血は女性であれば経験したことのある方が多く、見慣れているという方もいるかもしれません。

腰痛、下腹部痛などをともなう不正出血ではいくつかの原因が考えられます。もしかしたら不正出血は何か重大な病気のサインかもしれません。

女性の不正出血の原因は

女性の不正出血の原因で代表的なものは精神的・肉体的なストレス、女性ホルモンバランスの異常、子宮内膜症や子宮がん、卵管炎などです。
これらが原因で腰痛をともなう不正出血が起きることがあります。
不正出血は重篤な疾患から、それほど心配のいらないストレスやホルモン異常が原因のものまでいろいろとあります。

スポンサーリンク

不正出血が月経のいつおきるのか時期で分類することが出来ます。
排卵期にはエストロゲンが分泌されます。エストロゲンは卵胞を成長させます。
そして女性らしいからだをつくりだします。卵巣や子宮、乳房や女性器などを発達させます。

排卵期の出血は、エストロゲンが減少するために子宮内膜から出血が起こることがあります。
排卵期の出血自体は、出血する量もそれほど多くはなくさほど珍しいことではないです。

排卵期が終わって妊娠しなかった時は、そのままエストロゲンがどんどん減っていきます。
エストロゲンが減少してしまっているために出血が続くこともあります。

女性が妊娠した場合は10日前後をかけて子宮内膜への着床がみられ、その際に出血がみられることがあります。
その時には出血量は妊娠しなかった時の出血量よりも少ないのが一般的です。
しかし、腹痛をともなう出血は流産などの危険があるため、すみやかに受診をすることをお勧めします。

腰痛の原因と女性の不正出血まとめ

腰痛で女性が不正出血をともなっている場合には、婦人科系の疾患が原因となっていないかに注意します。病院やクリニックなどで子宮内膜症子宮がん卵管炎などの病気ではないのかを確認します。病気であれば各々の疾患に対しての治療が必要です。どんな病気でも早期発見、早期治療が大切です。疲れているから軽い腰痛かな?などと考えず、億劫がらずに受診しましょう。

スポンサーリンク