スポンサーリンク

腰痛の治療方法としての整体についてです。整体師は民間資格者です。国家試験はありません。名称も似たようなものが多くあり各種団体が独自に名付けている状態です。腰痛の治療に関しては・・・

整体師とは

例えば、まったく何の勉強もしていない人が、私は整体師です。と名乗っても法的には問題がないという状態です。倫理的には大いに問題だとは思いますし、人体に直接触れる仕事のため、そのような方はいないものと思います。人体に対しての深い知識と施術の技術は欠かせません。

整体とはもともとは中国由来のものであるといわれています。そのなかで、先人達が長年にわたり、独自性をだしながら発展してきたものです。

整体技術に加えて、日本古来の武術を取り入れたり、オステオパシーカイロプラクティックなどを加えているものもあります。また、中国古来の整体術を見直して行っているところもあります。

今では、手を直接使った、健康、癒しに対しての代表的なものとして広く認識されています。

整体の技術としては筋肉、骨格などに直接働きかけ、癒しを与えることが目的とされています。

腰痛と患者さんとお客さん

社会通念上の問題として、国家資格と民間資格の違いという問題があるため日本の法律上ではあんま、マッサージ、指圧師などでは対象者を患者と呼ぶのに対して、整体師などでは対象者を顧客と呼びます。

スポンサーリンク

対象者としての患者と顧客の違いは大きく、あんま、マッサージ、指圧師では宣伝も制限されています。しかし、逆に整体師の宣伝では、あんま、マッサージ、指圧師ほど宣伝に制限がありません。そのため、誰でも整体師と名乗ることが出来てしまいますし、広告も自由に行えるのです。

腰痛と整体まとめ

国家資格では、基準以上のものにしか合格を与えないため、すべての人がある程度以上の知識レベルにあります。民間資格では、基準がまちまちであるため、すべての人がある程度以上のレベルとは言えません。もちろんものすごい技術を持った人はいるとは思います。癒しだけではなく、不調を取り除き、治療してしまう人もいます。しかし、素人には判断は難しいのではないかと思います。一番怖いのは事故です。

整体師になるための各種のスクールはいくつもあり、いろいろな技術を身に付けている人がいます。このような事情を考えると、腰痛を治療するのに整体は、良いとも悪いとも言えませんが、腰痛で困って整体に通われる際は慎重にしたほうが一般的には良いかと思われます。癒しを求めてならば、もちろん良いと思います。

やはり、腰痛治療の最善策は私がおすすめしている通り、腰痛の原因となる機能的な変化を自分で知り、知識を得て、理解し、腰痛を自分で治療し、二度と再発しないように予防することです。

スポンサーリンク