スポンサーリンク

ためしてガッテンの解禁!腰痛患者の8割が改善する最新メソッド(NHK2016年11月2日)という腰痛体操を生放送で観ることが出来ました。ためしてガッテンはとても人気があり影響力があります。腰痛体操で本当に改善するのか?内容について真実かどうか検証します。

ためしてガッテン 腰痛患者の8割が改善する最新メソッドとは?

放送前の予告から注目していました。予告編では、腰痛を治そうとマッサージなどを受けて楽になっても、それは気休めみたいな一時的なもので、すぐに痛みが再発してしまいます。

しかし、東大病院(東京大学付属病院 )が2016年8月に発表した最新の「あるストレッチ」という腰痛体操を行うことで改善したという研究があります。しかも劇的に改善した!というだけでなく、なんと再発することもないのです。という話でした。

ためしてガッテンでは、腰痛の人には共通のある特徴があり、それさえ解消すれば腰痛は治り再発しません。 2000人くらいの患者さんを対象にして研究した効果的な「腰痛対策の新鉄則」をいちはやくお届けします。というようなことだったので、「これはなんとか生放送で観たい!」と思ったのでした。

ためしてガッテンが解明した腰痛の原因は?

そして、私が知りたかった今回のためしてガッテン 解禁!腰痛患者の8割が改善するという最新のメソッド、腰痛対策の新鉄則の内容はというと、

睡眠時の腰の筋肉の酸素量を測る実験をしていました。人間が寝ているときに、寝返りなどをしないで、身体を動かす時間が少ないと、腰の筋肉の酸素量が減少して腰痛になっているという実験結果でした。つまり、寝相が良い人が腰痛になっているという結果でした。

腰痛になってしまう人の寝返りの回数は睡眠時間によって違います。例えば、8時間寝る人だったら寝返りが5回程度だと腰痛になってしまうとのことでした。腰痛にならない人の平均的な寝返り回数は1日に24回でした。結構みなさん寝返りしているものですね。

人は寝ていると腰の骨とその周囲の筋肉に、内臓の重さが重力で加わります。痛みに敏感な腰と、腰をつないでいるじん帯が刺激され、腰のまわりの筋肉が圧迫されて、血液の流れが悪くなり、痛み物質が発生して、筋肉が硬くなり、腰痛になるということです。

なぜ筋肉が硬くなるのかというと、原因は日常生活で腰痛をかばうからです。筋肉を硬くすることで、からだが腰痛から守ろうとしてしまうのです。筋肉が硬くなると寝返りがしづらくなります。

ためしてガッテンでは、寝返りは背中から太ももの筋肉が柔らかくないとできないということを証明していました。身体にコルセットを巻いて硬いからだを再現していました。コルセットを巻かれた状態で寝返りしてみようとしても、どうしても出来ませんでした。

ためしてガッテンの腰痛体操で柔らかくする筋肉とは?

身体が硬いと腰痛になるということが分かりました。ではどこの筋肉を柔らかくすればよいのかというと、

身体の前側にある筋肉
・胸の筋肉である大胸筋
・腹筋
・太ももの筋肉である大腿四頭筋

スポンサーリンク

身体の背面にある筋肉
・背骨を挟んで背中の両側にある脊柱起立筋
・お尻の筋肉である大殿筋
・太ももの裏側にあるハムストリングス
・ふくらはきにある下腿三頭筋

これらの筋肉です。

ためしてガッテンおすすめ腰痛体操

腰痛にならないために筋肉を実際に柔らかくする必要があります。ためしてガッテンの腰痛患者の8割が改善する最新メソッドである腰痛体操のストレッチの、具体的な方法です。1.腰をねじる。2.肘立て+膝まげ。3.膝抱え。4.膝裏のばし。の全部で4つです。

・腰をねじる

仰向けに寝る
左手をバンザイして、左足を右足の外側にクロスさせて床につける
両肩は床から離さない。

・肘立て+膝まげ

うつぶせになる
両肘で上半身を支える(からだと足は伸ばしたまま)
そのままの状態で、両膝をまげていく

・膝抱え

仰向けに寝る
両膝を曲げる
膝を胸につけるように腕で抱える

・タオルで脚上げ(膝裏伸ばし)

仰向けに寝る
ひとつのタオルを両手で持つ
片方の足裏でタオルをける
足を伸ばして持ち上げて頭の方にもってくる
膝の裏をのばしていく

※これらのストレッチはくれぐれも無理のない範囲で行ってください。

ためしてガッテンの腰痛体操は本当か?

ためしてガッテンの腰痛患者の8割が改善する最新メソッドには、実はウソがあります。どこがウソかというと、ためしてガッテンの放送内で「最新」と紹介されていたためそう紹介しましたが、私の今までの経験上では最新というほどのものではないはずです。

しかし、最新ではないですが、今回ためしてガッテンで紹介された、腰痛患者の8割が改善する腰痛体操である最新ストレッチは有効ではあります。腰痛体操で昔から繰り返し実際の治療に行われてきたストレッチです。

そのため最新と表現するには正直どうかと思いますが、腰痛体操をやる価値は十分にあると思います。実際にはその方の症状や原因に合わせてストレッチの内容を改良、追加するとさらに良いでしょう。なぜならば、個人によって硬くなりやすい筋肉は違うからです。姿勢も体型も違うからです。

これらの腰痛体操であるストレッチは夜、寝る前にやりましょう。緊張しないで、変な力を入れないでリラックスするのがコツです。また、ためしてガッテン内で紹介されていたように睡眠時の寝返りはとても大切です。

睡眠時の環境であるマットレスなどの寝具が重要です、寝ているときのマットレスは柔らかいと、腰の筋肉に負担がかかります。また、お尻が沈みこんでしまうと寝返りがしにくくなってしまい、寝返りの回数が減ってしまうことで腰痛予防としては非常に良くありません。

マットレスだけでなく枕やシーツの素材などにもこだわると、さらに疲れも取れて腰痛予防にも良いでしょう。それとストレッチはくれぐれも無理して行わないでください。痛みが悪化する場合は、すぐに中止して専門家に相談してください。あなたの腰痛が良くなりますように。以上、腰痛専門家である私の意見でした。最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク