スポンサーリンク

腰痛で右側だけが痛い時の原因は何でしょうか。腰痛に悩んでいて、その原因がわからないと嘆いている方、それも右側だけという方はこちらの記事を読んで見てください。

腰痛が右側だけの原因

いつも右側だけ痛みがあるというのには、何かしら原因があるものです。その原因がわかれば、それにあった対処法を行えば良いだけとなります。
腰痛の原因による治療と予防

腰痛で右側だけが痛くなるのには4つの原因があり、ひとつは体の歪み、もうひとつは筋肉の炎症、三つ目に神経の圧迫、四つ目に内臓由来のものが挙げられます。腰痛で右側が痛いときの原因について今回は4つに分けてご説明してみます。

腰痛が右側だけの原因は体の歪み

はじめに、体を動かしたときに痛むのであれば、これは体の歪みや筋肉の炎症、神経の圧迫のいずれかが原因となっていると考えられます。

まず、体の歪みですが、日常生活では私達は知らず知らずのうちに体を偏って使ってしまいます。例えば、椅子に座るときに右足ばかり上にして組んでいるとか、ぼーっと立っているだけのときでもどちらか片方に重心をかけていたりすると思います。カバンをいつも同じ側に掛けている場合にも歪みが生じます。

このように体の左右のバランスが崩れるような体の使い方をしていると、そこに痛みやコリが生じ、体の不調が起きてしまうのです。

右側の腰痛の原因のほとんどはこの、体の歪みが原因となっている場合です。整体や整骨院に行っても痛みがよくならないといった場合には、生活習慣的に体を偏って使っていないかを注意深く観察する必要がでてきます。

スポンサーリンク

腰痛が右側だけの原因は筋肉

次に、筋肉の炎症ですが、これは例えばぎっくり腰が挙げられます。ぎっくり腰は腰の筋肉や、筋膜や靭帯の炎症で、捻挫のようなものと考えられます。

重い物を持つと右側の腰痛を感じただとか、物を拾おうと前かがみになった途端に右側の腰痛を感じたという場合、体をねじったときに右側の腰痛がひどくなったといった場合に、ぎっくり腰が原因であることが考えられます。

ぎっくり腰を治すには整体や整骨院などに通って体の歪みを正すことが治療に繋がります。

腰痛が右側だけの原因は神経の圧迫

そして、神経の圧迫ですが、腰椎には神経の根が出ていて、ふっとした拍子に右側の神経の根が圧迫を受けた場合に、右側の腰や臀部に痛みが出ることがあります。

腰椎椎間板ヘルニアなどの場合に、神経の根がヘルニアによって圧迫されると右側の腰や臀部が痛くなります。

ヘルニアも多くの場合、体の歪みが原因なので、整体や整骨院で治療を受けることも良いです。そして対策としてはからだの左右のバランス整えることが大事です。治療院へ通うことなども良いのですが、自分のからだは自分で治すのが良いと私は思っていますので、そんな時は腰痛で右側が痛い時のストレッチを行ってみて頂けたらと思います。

腰痛が右側だけの原因は内臓

ポイントとしてはどのような時に痛むのかということで、じっと安静にしているときでも痛むのであれば、これは内臓由来の腰痛である可能性が考えられます。

内臓由来の痛みですが、例としては盲腸や、遊走腎、肝臓に炎症がある場合などが考えらます。

内臓由来の右側の腰痛の場合は、早めに病院で検査を受けたほうが良いです。

以上、腰痛が右側だけにあらわれる時の原因を簡単にまとめてみました。

関連記事
腰痛で右側が痛い時のストレッチ
腰痛で右側がというのは内臓疾患が原因か

スポンサーリンク