スポンサーリンク

腰痛の原因は様々ですが、女性の妊娠初期にもおこりやすいです。妊娠することじたいが腰痛の原因になりやすいのです。今回は特に妊娠初期についてご説明します。

女性の妊娠初期に起こる腰痛はいったいなにが原因なのか?

腰痛の原因による治療と予防

女性が妊娠する、ということは体にもう一つの命を預かることですがいったいどんな感覚なのかは妊娠された人にしかわからないことですね。特につわりなどの症状に関しても話によく聞くものの、実際のつらさは理解するのは難しいものです。

ですが妊娠初期に「腰痛」の症状に悩む人もいます。
腰痛は誰にでも起こりうる痛みなので、どんな人でもなんとなくは理解ができるかなと思いますが、なぜ腰痛が、何の原因で妊娠初期に起こるのでしょうか?

◎妊娠初期の腰痛の原因◎

妊娠初期には「リラキシン」というホルモンが分泌されることで骨盤がゆるみます。
赤ちゃんが大きくなり、出産時には骨盤が開く必要があるために、その準備として早くもリラキシンというホルモンの影響で体が反応しているのです。
妊娠初期からすでに出産の準備が始まっているということです。

妊娠初期は特に「普段の体」と「妊娠している体」という大きな差を感じる時でもあり
妊娠している状態になれていない体は余計に腰痛のつらさを感じてしまうのです。

そのため、今までは何ともなかったような姿勢や態勢、ちょっとした動きで痛みを感じてしまう事が多く、腰痛を起こしやすい状態になってしまっています。

◎どこら辺がどんな風に痛むのか◎

女性が妊娠初期に痛みを訴える腰の部位は主に「仙骨」付近と答える人が多く、具体的には腰の中央、背骨の一番下あたりです。
痛みの症状や感覚は人それぞれではありますが、

・ぎっくり腰のような痛み
・お尻付近の筋肉の部分に強い痛み
・生理痛のような鈍痛
・腰が抜けそうなほどの痛み

スポンサーリンク

などの声がありますが、傾向としては長く続く腰痛ではなく、お腹が大きくなるにつれて腰痛がなくなった人や、数日腰痛で悩んだけれどあっさりなくなった人など、痛みの期間も様々なようです。

◎腰痛を和らげるためにできることは?◎

◆温める◆
特に腰は冷やさないことが大事なので、温めることが効果的です。女性には本当に冷やさないでほしいです。
ゆっくりお風呂につかったり、カイロなどで温めることで血流がよくなり、痛みを和らげることができます。

◆骨盤ベルト◆
トコちゃんベルトという、産前産後の母体の味方で有名なベルトがありますが、リラキシンの分泌で骨盤がゆるんだことが原因の腰痛なので、骨盤を強制的に良い状態に戻すことで腰痛を緩和させることが出来ます。
トコちゃんベルトだけでなく骨盤ベルトは様々あるので、もともと腰痛がある人なども骨盤矯正で腰痛を緩和させるためにも普段から使用しておくといいです。

◆ストレッチ◆
産院にもよりますが、マタニティヨガなどのクラスのある病院もあり、ストレッチや運動をすることで血流をよくし、腰痛を和らげます。
人により妊娠中の経過は様々なので、運動をする場合には経過良好で、問題がない方に限ります。心配であれぱ医師などに相談してからにしましょう。

◆腰痛軽減マッサージ◆
脊柱起立筋(背骨から骨盤にかけて)とその周辺の筋肉をマッサージします。
お尻や腰とお尻の境目あたりは少し強めに親指で押しても大丈夫ですが、あまりやりすぎたり、圧迫しすぎることは子宮にとって悪影響がある場合もあるので、ほどほどにしましょう。自信がなければさするだけでも良いこともあります。

またマタニティマッサージの専門店や妊娠中も対応している施術院もあるので、そういった場所に行くなどの手もあります。できるだけ初期は控えたほうがいいという意見もあるのでマッサージをどうしてもしてほしい時は相談するといいと思います。

女性が妊娠するというのはとても神秘的ですごいことですが、それに伴う不調はやはり大変ですね。

赤ちゃんが無事に産まれるまでの間、いつかは終わると思っても痛いものは痛い。腰痛や腰痛にともなう精神的ストレスを緩和させるために、出来ることを夫婦などで協力して乗り越え、無事に赤ちゃんが生まれることを願うばかりです。

関連記事
腰痛が右側だけの原因で女性の場合
腰痛の原因は女性の閉経

スポンサーリンク