スポンサーリンク

女性の腰痛の原因としては閉経が関係してくることがあります。女性が閉経するということは、ホルモンバランスが変わり、今までとは違う体に変わるということなので、当然、腰痛の原因になりえます。

腰痛の原因、女性の閉経の徴候

腰痛の原因による治療と予防

閉経の兆候を見る方法として、出血やおりものの変化があります。更には腰痛や腹痛、下腹部痛も閉経前の症状として現れます。更年期の女性は上記のような症状に特に注意が必要となります。

閉経前の女性は、更年期に入っているはずで、更年期は不正出血が起こりやすくなります。閉経前の症状として不正出血というものがあるので、今まで一度も不正出血をしたことがなかったのに、更年期に入ってからいきなり不正出血したなどという女性も割と多く存在しています。

閉経前の不正出血は病気ではなくホルモンバランスの乱れが原因ですので、重大な病気の危険性は低いので、その点では安心してよいと思われます。

また、閉経前になるとおりものが少なくなってきます。おりものは妊娠するために卵子と精子がくっつきやすくするのを助ける役割があります。年齢を重ねるごとにおりものは少なくなっていくものです。

そのため、閉経前におりものが少なくなってくるのは当然のことといえます。おりものの重要な役目として、膣の浄化作用といったものもあります。妊娠しやすくするための大事な役目です。

スポンサーリンク

浄化作用を担うおりものが少なくなるので、閉経前には膣炎を起こしやすく、腰痛の原因ともなります。おりものなどに異常や変化を感じたら婦人科の受診をお勧めします。

閉経前の腰痛や腹痛

生理痛で悩まされていたのに、閉経前にも腹痛や腰痛で悩まされるのかとお思いの女性の方もいらっしゃるかも知れません。閉経前の腹痛や腰痛は何故起こるのでしょうか。

それは、閉経前の腹痛や腰痛というのは女性ホルモンの影響が原因になっています。女性ホルモンが減って自律神経が乱れることで痛みが起こります。緊張するとお腹が痛くなるという現象と似たような症状ともいえます。

他には子宮の萎縮が原因で腹痛や腰痛などの痛みが起こる場合もあります。閉経前の萎縮というのは若い頃の萎縮とは違い、子宮自体が小さくなることによる腹痛や腰痛などの痛みです。

子宮が萎縮してしまうことによって腹痛や腰痛が続くといったことが起きてしまいます。下腹部痛も更年期障害のひとつと言われ、これは卵巣の機能が低下することが原因と言われています。

腰痛の原因は女性の閉経まとめ

下腹部痛は腰痛と勘違いすることもあり、この原因として痛みがずっと続く場合は何らかの病気を発症している可能性があります。一般的に子宮筋腫は女性ホルモンのエストロゲンが影響しているため、閉経後には自然治癒するといわれています。

しかし、かなりの時間が経っても自然治癒していかない場合、腰痛などが続く場合は子宮がんや卵巣がんといった危険性も考えられますので、そのような場合には早めに婦人科で検査をしてもらうことが大切です。

関連記事
腰痛の原因である女性の妊娠初期について
腰痛が右側だけの原因で女性の場合

スポンサーリンク