スポンサーリンク

腰痛で右側が痛くて少し上の背中にも痛いような感じがある場合についてです。右側に腰痛を感じたり、背中の右側が痛い場合には原因としてどのようなことが考えられるでしょうか。

腰痛が右側で背中も痛いとき


一般的に背中が痛いというときに一番考えられる原因としては、筋肉痛や筋肉の疲労です。ずっと同じ姿勢で作業をしていたり、無理な姿勢を取っていたり、運動をやりすぎてしまった場合などに痛みが出ることがあります。

腰痛で右側や背中が痛い時は胆のうや腎臓が原因

たいていの場合は筋肉の疲労などが原因で腰痛になっているのですが、背中の右側に痛みがあったり、腰痛がある場合に考えられるのが、胆のうや腎臓の病気の危険性です。

背中の右側に痛みがあったり、腰痛がある場合の内臓疾患として考えられるのは、胆石症、胆のう炎、腎結石、尿管結石、腎盂腎炎、胃・十二指腸潰瘍、帯状疱疹などです。

胆石

胆石とは、胆汁の成分が石のように固まってしまったものを指します。胆汁は脂肪の消化を助ける役割のある液体で、肝臓で製造され、胆のうに貯蔵されます。肝臓はお腹の右上ら辺にあり、内臓の中でも一番大きな臓器となっています。

胆のうは肝臓の下に貼り付くように存在する臓器で、体の右側にあります。胆石とは胆のうの中で胆汁の成分が固まってしまったものを指します。

スポンサーリンク

その胆石が胆汁とともに移動して、胆のうの出口に詰まって激痛を引き起こすのが胆石症と呼ばれる症状です。

胆石症の症状としては、みぞおちから右上腹部にかけて鋭い差し込むような痛みが出ることや、右肩から背中の右側辺りまで痛みが広がったり、冷や汗や寒気、吐き気や嘔吐、黄色の痰が出たり、40度近くの高熱が出るなどが挙げられます。

胆のう炎

胆のう炎は、胆石症で詰まった胆石がなかなか移動せずに、それが原因で炎症を起こしたものを指します。

症状としては、右上腹部から右肩、背中の右側辺りにかけて激しく鋭い痛みが出て、吐き気、嘔吐があり、発熱、悪寒、冷や汗、黄色の痰が出るなど、あとは進行すると右上腹部が腫れた感じになるなどが挙げられます。

腎結石、尿管結石

腎結石、尿管結石は、尿路結石の中でも多いとされる結石の名前で、それぞれ腎臓にできるものを腎結石、尿管にできるものを尿管結石と呼びます。

石のできた場所が右側の腎臓や尿管だと右側の腰痛や右側の背中の痛みとして症状が出ます。

ただ腎結石ではあまり自覚症状が無く、腰痛や背中の痛みとして、鈍い痛みがある程度となります。

症状としては、突然下腹部から脇腹、背中にかけて激痛が起きる、吐き気や嘔吐、冷や汗、男性の場合は鼠径部から陰嚢、女性は外陰部にまで痛みが到達することがあり、血尿が出て、排尿痛、残尿感、頻尿などの膀胱炎のような症状が出ることが挙げられます。

これら腰痛や右側の背中が痛くなりその痛みが強くなってきた場合には、内臓疾患を疑い内科を受診することをおすすめします。

スポンサーリンク