スポンサーリンク

腰痛で右側だけが痛いと訴えられる方は結構いらっしゃいます。本当に腰痛で苦しむ方は大変多く、その中でも右側だけ痛いという場合について、今回触れていきたいと思います。

腰痛で右側だけが痛いとき

腰痛の原因による治療と予防
はじめに知っておいて欲しいことは、痛みが右側だけというのは、ただの腰痛ではなく、なんらかの病気が原因であることも充分に考えられるということです。

右側の腰痛の原因として、まずは体の歪みが挙げられます。体の歪みは普通に生活しているだけでもどうしても生じてしまいます。

利き手ばかりを使う癖や、左右に偏った負荷がかかるような仕事をしている場合に、知らず知らず体の歪みが生じていることがあります。ほぼすべての人が歪みがでていると言っても言い過ぎではありません。

そして、体の歪みがひどくなるとこれが人体の組織の炎症に発展することもあるので注意が必要です。体の歪みを正すためには、鏡で自分の仕草や姿勢を確認してみたり、家族や職場の同僚に協力を仰いで自分自身に体の歪みがないかを確かめてもらうといったことが必要になってきます。

左右の体の使い方のバランスを日頃から注意していくことで改善されることもあります。整体や整骨院で治療を受けるというのも良い方法といえます。

腰痛の右側が痛い椎間板ヘルニア

腰痛で右側が痛いときの原因として、椎間板ヘルニアも考えられます。体の歪みが原因で、椎間板ヘルニアになってしまうことがあります。

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアになると右側だけが痛いという症状もみられ、腰のあたりにある背骨の軟骨部分といえるような椎間板の中の髄核が変形して骨の外に飛び出すことによって痛いということを感じるようになってきてしまいます。

椎間板ヘルニアを発症している場合に、腰を前に傾けると痛いという傾向があり、神経も圧迫されるため、しびれといった症状も現れるのが特徴です。右側だけ痛いという場合には、椎間板ヘルニアかも知れませんので、整形外科を受診してみる必要があります。

腰痛で右側が痛いのは内臓が原因

他に右側の腰痛の原因としては、肝臓、すい臓、上行結腸、虫垂炎、遊走腎などの病気を考えることができます。肝臓は臓器の中でも最も大きい場所で、沈黙の臓器とも言われている場所です。その為、痛いなどの症状を感じにくく発見しづらい部分となっています。

すい臓も肝臓同様に胃の裏側にある為、痛いと感じるのが背中や腰であったりすることが多いです。上行結腸は大腸の一部で、右下腹部辺りのことを指します。ここで病気が起こっている場合に、右側が痛いと感じる場合があります。

虫垂は、上行結腸の下にあり、虫垂炎の場合でも右下腹部や右の腰が痛いと感じることが多いです。虫垂炎は我慢すると腹膜炎を起こすことにもなるので、早急に医療機関を受診するようにしましょう。

遊走腎は、腎臓を覆う組織の機能低下などによって腎臓が下がってしまう病気です。腎臓は左右にあるのですが、肝臓の影響を受けて右側の腎臓に負担がかかりやすくなっています。いずれの場合でも、腰痛で右側が痛いと感じるのであれば、医療機関を受診することをおすすめします。

スポンサーリンク