スポンサーリンク

腰痛で右側が痛いのは内臓疾患が原因と決めつけられません。しかし、特に気をつけて欲しいのが内臓疾患が原因で右側の腰痛がおきている時です。

右側の腰痛で気をつけてほしい内臓疾患

腰痛の原因による治療と予防
腰痛といってもその症状には様々な種類があります。例えばズキズキとした痛みや、だるい鈍痛、腰回りが痛いなどです。

中には腰の右側だけが痛むという腰痛もあります。腰の右側だけが痛む腰痛で考えられる内臓疾患を紹介していきたいと思います。

遊走腎

まずは、遊走腎という内臓疾患です。腎筋膜が弱いということから腎臓が10cmほど下垂して腰痛を引き起こすことがあります。

痛みが現れるのは、体を起こしている状態のときに見られ、横になった状態を続けていると痛みが引いていきます。

肝臓との位置関係から右側の腰痛としてよく現れます。遊走腎は、腹壁筋が弱くて、痩せていて体脂肪が少ないという方がなりやすい内臓疾患です。

腹筋や背筋の筋力を鍛えたり、コルセットなどを使用したりすることで内臓下垂を防ぐことが可能です。

これらの方法である程度の予防を行うことはできます。しかし、改善させるには太る以外方法はありません。

虫垂炎

次に虫垂炎という内臓疾患です。非常に稀なケースとなるのですが、虫垂炎、いわゆる盲腸でも右側の腰痛を感じるという方がいます。

スポンサーリンク

通常ではヘソの周りあたりが強烈に痛みますが右側の腰痛が起きることがあるのです。知っておいて損はないと思います。

整形外科的な疾患である椎間板ヘルニア

内臓疾患ではなく、整形外科的な疾患としては椎間板ヘルニアが有名です。椎間板ヘルニアは、髄核が飛び出す方向によって、圧迫される神経の場所が変わってきます。

右側の腰痛を感じる場合には、右側の腰の神経が圧迫されていると推察できます。

右側の腰だけが痛いという場合には、左右どちらかだけに体を傾けないとか、足を組まないようにするなど、できるだけ座ったときの姿勢に注意を向けるようにして、正しい姿勢を心がけるようにしましょう。

湯船の中で、しっかりと患部を温めるなどといった方法も有効な手段です。椎間板ヘルニアと診断が下っている状態で、痛みがそれほど激しくない場合は安静にしておけばいずれ快方に向かいます。

右側の腰痛が内臓疾患が原因かどうかを見分けるポイント

右側の腰痛が内臓疾患が原因なのか、整形外科的な疾患なのかどうかを見分けるには、筋肉や体の歪みから来ている痛みなのか、内臓由来のものなのかを見極める必要があります。

整形外科的な骨や筋肉が原因の場合には、前屈や後屈、側屈、回旋などの動きで痛みが出ます。

内臓疾患の場合ではこのような動きで痛みは出ません。運動によって腰の痛みが出る場合は筋肉が原因の腰痛であると考えて良いでしょう。

また、体の歪みから痛みが来ている場合は、整体や整骨院に通うことで症状が改善されます。しかし手技や技術は様々なので注意が必要です。

そして、長いこと通っていても全く痛みが改善しない場合や痛みが強くなるような場合には内臓疾患を疑ってみたほうが良いでしょう。

右側の腰痛で内臓疾患の可能性が高い場合は、病院での診察を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク